胸郭運動システムの再建法~運動器として捉えた胸郭の機能評価と治療展開~[理学療法 ME158-S 全3巻]

胸郭運動システムの再建法~運動器として捉えた胸郭の機能評価と治療展開~[理学療法 ME158-S 全3巻]:ジャパンライム

黄色い

 

<基本情報>
『ジャパンライムの理学療法士向けDVD!!』


?実技・解説:柿崎 藤泰(文京学院大学 保健医療技術学部理学療法学科 教授/医学博士/理学療法士)

★呼吸器を運動器として捉えた理学療法の展開!
★呼吸運動に関わる胸郭の動きと体幹安定性の関係とは!
★見逃しやすい胸郭形状や肋骨運動の変化を的確に捉え、操作する!

胸郭には、体幹の安定に関与する筋が多く付着しており、肋骨の偏位によってそれらの筋が機能低下すると、体幹は不安定になり、身体運動の調和が乱れます。 つまり、体幹機能を再建する上で、胸郭の機能評価は非常に重要であり、呼吸器を運動器として捉えた理学療法の展開は、体幹機能の再建築に良好に作用するものと考えられます。
このDVDでは、胸郭運動の特徴や運動器官としての胸郭の捉え方、そして胸郭と身体運動の関連性について解説します。さらに、胸郭の運動機能の再建方法について、その評価の視点と介入方法を実技でご紹介します。
胸郭形状や肋骨運動の変化は小さく、見逃しやすいものですが、その変化を的確に捉え、胸郭を操作することで、体幹機能に大きな変化が生じます。胸郭についての知識を深め、アプローチの方法を学びたいという方に是非ご覧いただきたい内容です。

<詳細情報>
【収録内容】
ME158-1 胸郭運動の特徴
ここでは、胸郭の機能分類や胸郭運動のバリエーションについて解説。胸郭運動システムを学ぶ上で重要な胸郭の特徴を学びます。

?イントロダクション
?胸郭運動システムの概念
?胸郭の機能分類
?胸郭運動のバリエーション
◎3つのバリエーション
◎上下の関係(両側性)
・胸骨の前傾と後傾
・胸骨前傾タイプへの介入方法
・胸骨後傾タイプへの介入方法
◎左右の関係(片側性)
◎対角線上の関係
・胸骨の側方傾斜に伴う胸郭の動き
・脊柱起立筋群の運動関与
・脊柱起立筋群の筋硬結分布展

(55分)

ME158-2 胸郭運動システムの概要1~臨床観察に基づく病態~
ここでは、運動器として捉えた胸郭と体幹の安定性の関係について、実技を交えながら解説します。

?はじめに
?肋骨アライメント
◎胸郭表面のUndulation
◎胸郭前方部からの前方回旋量評価
◎胸郭後方部からの前方回旋量評価
◎棘突起の方向
?肋椎関節の剛性
◎機序と機能的意義
◎剛性低下による影響
◎胸郭側方偏位による影響
◎体幹左方化による安定
?肋骨と椎骨の運動連鎖
?骨盤と胸郭の運動連鎖
?胸郭形状と腰方形筋との関係

(70分)


ME158-3 胸郭運動システムの概要2~評価の視点とその解釈~
ここでは、胸郭機能の評価とその介入方法を解説。
胸郭のニュートラル化によって、どのような変化がみられるかを実技でご紹介します。

?下位胸郭の内方化
◎Wrapping actionについて
◎Wrapping actionを高める
◎腰方形筋の評価
?胸郭のニュートラル化
◎左側広背筋の活動
◎肩甲帯からの介入(1)
◎肩甲帯からの介入(2)
◎肩甲骨の外転運動と骨盤の前方回旋運動

(70分)

2014.12

※指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです。

◆消費税についてのお知らせ◆
(1)現在の価格表示は消費税8%の税込価格です。
(2)[カタログ画像について]2014年1月発売以前の商品で、カタログ画像の値段表記が内税表記のものは、5%表記です。正しい値段は商品ページの値段になりますのでご注意ください。

短い

黄色い

ファイブスター品質

ビッグバーゲン